化粧水の必要性

自分の肌に、水分を保持するためには、化粧水は必要で、なくてはならない存在。そう考えている人は多いと思います。ところが、実をいうと、化粧水はそこまで重要なものでもないのです。

化粧水をつけた直後は、しっとりと潤っているように見えますが、時間がたつと、乾燥を感じることになります。水分を保持したすこやかな肌であれば、化粧水をつけなくても潤ったままです。問題は、どうやって化粧水をつけた「そのとき」だけでなく、「いつも」潤った状態にするかということにあります。

化粧水をつけすぎると弊害もでてきます。化粧水のつけすぎは、角質層が水浸しになってふやけてしまい、肌をもろくして、くずれやすくさせてしまいます。また、角質層のさらに上部には、水分の蒸発をふせぐ役割をしている「皮脂膜」というのがありますが、これを化粧水をつけることで洗い流してしまうと、どんどん水分が蒸発しやすい状態になってしまいます。

化粧水は、つけるとしたら、できるだけ成分のよいものを選び、絶対につけすぎないようにすることです。化粧水ではない「ただの水」であっても、肌をぬらしすぎはよくありません。「皮脂膜」が流されると、逆に肌が傷みやすくなります。

化粧水の唯一の「必要性」は何かというと、石けんで顔を洗ったときに、弱アルカリ性にかたむいた肌を、弱酸性に導くということにあります。すこやかな肌であれば、弱酸性にもどるためには、肌本来の力で十分なので、化粧水は必要ありません。その力が弱まっている乾燥肌であれば、化粧水を、「肌がぬれたと思う程度」に少しだけつけで十分です。つけすぎは、いうまでもなく、逆効果です。

愛車の値段、気になりますよね。そんな時はまず車査定相場を知ることから!

家計に還元される金額ですからしっかりと見積りをみて、賢くいきたいものですよね。
家計を握るあなたが大事になってきます。

浮いたお金で化粧水なんていうのもありですかね(笑)

とにかく値段が変わって来ますから要チェックですね。
3カラム構造